愛犬ルーク(ビーグル)が2011年8月14日多中心型悪性リンパ腫、ステージⅤaと診断                                               2012年3月寛解、2012年8月再燃、2013年10月18日18時38分お空へ旅立ちました☆
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
犬のまりんさんの闘病記さんの記事を見て欲しくて欲しくて購入を決めたβグルカンたっぷりのキノコ
ルーにも食べさせたくて
お取り寄せしちゃいました
まりんママさんいつもアドバイスありがとうございます

003_20110912234708.jpg
3000円以上購入でたまねぎドレッシングの1本おまけ&送料無料
とあったので…こんだけ買いました
高級グルメ特選便ユウキセレクト←ココで購入
おまけに弱いママです

早速ルーに食べさせます!!!
ママも一緒に食べて免疫力アップさせますよ



〈βグルカンのガン治療での有益性〉
既に回復できないほどに免疫システムが弱っていたとしても、大丈夫です。
なぜなら、ベータグルカンには延命効果があるとも言われているからです。
βグルカンは、がん細胞を積極的に減らしてくれるという効能だけでなく、
進行しているがんの腫瘍についても抑制してくれるのです。
がん治療において一般的で広くとられている手法でもある抗ガン剤による化学療法には副作用が伴います。
副作用としては、主に下痢や嘔吐、味覚異常などが挙げられます。
抗がん剤は、がん治療に多く使われたりしますが、ガン細胞だけを攻撃してくれるわけではありません。
がん細胞を攻撃してくれるとともに、骨髄の血液細胞であったり、消化管粘膜細胞も同時に痛めてしまったり
弱めてしまったりするのです。
そのため、ベータグルカンで刺激をしておくことで、例え抗ガン剤を使ったことでリンパ球や好中球といったところの一部が死滅したとしても、
残った細胞が仲間の細胞を増殖させていく効果があります。
ベータグルカンは、言ってみればガンの化学療法に伴う副作用で、痛めやすい部分を強化してくれ、
保護してくれるという有益性も持ち合わせています
こういった事からも、βグルカンを使う事によって、ガン治療の化学療法の副作用を抑える事ができ、
長く治療を続けることもできるというメリットが挙げられます
↑母は効くと言われると試したくなるもの
無理をせず出来ることだけをしたいです



βグルカン効果を信じたいルーママです





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ * ビーグル ジャンル * ペット

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 ルークとの日々, all rights reserved.

ルークママ

Author:ルークママ
名前 ルーク♂ 年齢 11歳
2011.8.31より抗がん剤治療を開始
びびりっ子で甘えん坊のルーク
ママがそばにいないと大泣きです(汗)
ルーはママの永遠の恋人よ(*ノзノ*)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

11歳おめでとう♪ (2)
10歳おめでとう♪ (3)
9歳おめでとう♪ (4)
がん告知 (2)
日々のこと (257)
抗がん剤治療 (39)
抗がん剤治療(再燃後) (63)
再燃(再発) (2)
甲状腺機能低下症 (5)
愛情ご飯 (15)
愛情おやつ (9)
動画 (30)
お空へ (11)
想い出 (5)
ママのダイエット (0)
東京スカイツリー (0)
活性化リンパ球療法(まりもちゃん) (1)

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

036_convert_20111117173752.jpg

script*KT*

このブログをリンクに追加する


-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。