愛犬ルーク(ビーグル)が2011年8月14日多中心型悪性リンパ腫、ステージⅤaと診断                                               2012年3月寛解、2012年8月再燃、2013年10月18日18時38分お空へ旅立ちました☆
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんにちは、早いものでルークが旅立って6日が経ちます
明日は初七日です

心温まるコメント、メールを励みにどうにか頑張っています
本当に皆さんありがとうございました
お返事は出来ずにいますが・・・
何度も何度も読み返し皆さんから力をいただいています

ルークが亡くなる前日から当日のこと
気持ちが落ち着いたら少しづつ書きたいと思っています


ルーク
DVC00605 (6)
助けてあげれずに・・・ごめんね


私は自分を信じてマイペースに治療を進めてきました
先生に急かされてもルークの体調を考えて
ゆっくりと治療をしてきたのです
でも、抗がん剤が段々と効かなくなり下痢が続き
まだ別れたくないという思いが焦りに変わってしまいました

もちろん獣医さんを責めるつもりはありません
提案をくれても最終的に決めるのは飼い主ですから
愛犬が抗がん剤治療をしている皆さん
焦らず、ゆっくり治療をしてあげて下さい
リンパ腫は抗がん剤治療をしないと生きてはいけません
でも抗がん剤を打つことで尊い命が奪われることもあるのです

ずっと一緒に居るのは飼い主です
血液検査が良くても、飼い主の私達が休ませたいと思ったら
焦らず休ませてあげて下さい

たぶん獣医さんがこのブログを見ていたら激怒ですね
癌は叩かないとダメだと怒られそうですが・・・
飼い主の気持ちは違います
リンパ腫に完治はありません
最期は穏やかに旅立って欲しい
それが飼い主の願いだと思います

闘病生活は精神的にもとても辛いです
もしこんな私でも力になれるなら
これからも頑張ってる皆さんを応援したいと思っています

ブログ村のカテゴリーの変更です
『犬思い出・ペットロス』 『ビーグル』
そして『犬闘病生活』にも名前を残させて下さい
悪性リンパ腫と闘う飼い主さんの少しでも希望になれば嬉しいです



いつも優しさをありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
関連記事
 
テーマ * ビーグル ジャンル * ペット

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: | 2013.10.23(水) 16:52 | | [Edit]

 

ペットロスのカテゴリーのほうに
ルークちゃんのブログがあって
心臓がぎゅっとつかまれたような感じがして、涙がこぼれました。
ルークちゃん・・・亡くなったのですね。

数日前に覗いた時には
ルークちゃんは副作用で苦しそうでしたけど
いつものように乗り越えてくれるものだと思っていました。

うちの子がリンパ腫と診断された時から
ルークちゃんのブログを拝読させていただいてました。
うちの子は闘病10カ月ほどで旅立ってしまいましたけど
ルークちゃんは2年以上頑張ってくれましたね。
リンパ腫は、抗がん剤治療をしなければ、余命1カ月の病気です。
それを2年以上生きぬいてくれたルークちゃんはすごいです。
ルークちゃんの頑張りは、今闘病中の子や、
今後、抗がん剤治療を検討する飼い主さんたちに
大きな希望を与えてくれたと思います。
ルークちゃんを目標に頑張ってる子がいっぱいいると思います。
これからもずっと、ルークちゃんは、みんなの希望の星ですね。

そして、ママさん。
お疲れさまでした。
愛犬の闘病を見守るというのは
とても辛く、精神的に苦しいですよね。
それが2年以上続いたのですから、
その御苦労は、とてつもなく大きなものだったと思います。
お金もすごくかかりますしね・・・。
ルークちゃんは、優しいご家族に恵まれて
幸せだったと思います。

ルークちゃんのご冥福をお祈りいたします。

名前:asano | 2013.10.23(水) 18:13 | URL | [Edit]

 

ルー君のお顔を見るのがつらく、ママのブログは読んでも、写真は見ても、ルー君のお顔だけは目に入らないよう拒否してました
でもやっと現実を受け止め先程じっと見させていただきました
穏やかなお顔して眠ってる...
ママの治療方針は間違ってなかったのですよ


名前:ビグ、キャラメルママ | 2013.10.23(水) 19:56 | URL | [Edit]

 

思いのままに

ルークママさん今晩は。
何も後悔する事も、ご自分を責める事も、全く
無いし、全然間違いなんかじゃない。
結果は結果、プロセスにはちゃんとした愛が
あった訳ですから。

ママを信じて頑張ったルーク君。きっとお空で
見守ってくれていますって!

名前:松剣 | 2013.10.23(水) 22:33 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: | 2013.10.23(水) 22:35 | | [Edit]

 

ママさん、どうか自分を責めないで下さい。
大切な我が子なのですから、焦って当然です。
でも、今までずっと、ママさんがルーク君を助け続けてきたんです。
ルーク君の強さはもちろん、今までママさんが慎重に慎重に治療を進めてきたから、2年以上という長い間、ルーク君は大好きな家族と、沢山の楽しい思い出を作れたのだと思います。
ゆっくり、ゆっくり、元気を取り戻して下さいね。

名前:アスカ | 2013.10.23(水) 23:20 | URL | [Edit]

 

おはようございます。
毎度失礼いたします。。

今日はルーク君の初七日ですね。
もう一週間経ったのですか・・
まだ昨日の事のように思います。

ルークママ。。
自分を責めないで 下さい。 な。
お気持ち よく分かります。
辛いです。 ね。
ルーク君も悲しんでますよ。。
ママが悲しむから。。
ルーク君は何てママにお話すると思いますか・・
ありがとうママ。
毎日幸せだったよ。って・・
僕のことで自分を責めないで・・って

名前:ゆき。 | 2013.10.24(木) 08:23 | URL | [Edit]

 

うちの子が6歳でリンパ腫と診断され もうすぐ三か月です。

泣きながらネットを検索し、ルーク君に出会い
ルーク君の笑顔と頑張りに励まされてきました。

今うちの子は8回目の抗がん剤投与を終えたところです。
副作用の膀胱炎に悩まされていますが、
完全寛解を信じて うちの子が毎日幸せを感じていられるように
焦らず治療を続けたいと思っています。

ルークママさんのお言葉、大切に受け止めます。

ルーク君 ありがとう。
ゆっくり眠ってね。

名前:KAN | 2013.10.24(木) 09:33 | URL | [Edit]

 

ルークママさんはいつも最善の判断をされていたと思いますよ。
病院を変えて今の病院を見つけたことも、治療をルーちゃんのペースに合わせてゆっくりやっていくと決めたことも、手作りご飯を頑張ることも全て最善の判断だったと信じて疑いません。
そのことをルーちゃんが一番敏感に感じ取ってこれだけ頑張ってくれたのですから。
ルーちゃんとママさん達の頑張りは病気に苦しんでいるたくさんの方々に勇気と希望を与えたのだと思います。
ルーちゃんが心配するから、もうご自分を責めたりしないでくださいね。

名前:fujiturumakimaki | 2013.10.24(木) 11:23 | URL | [Edit]

 

ずーっと拝見してきました。
ルーク君のご冥福を心よりお祈り致します。

彼らはちゃんと自分の使命を果たし旅立つと思っています。
なので私たちはいっぱいの感謝をして見送ってあげないとね!
私も4年前に亡くしたトーマスの時は頭が真っ白でした。
後悔が多い中、新たな勤務先(ペット霊園)になり
色々なことを学びました。
今、トーマスからリーダーを引き継いだ小さなヨーキーが
病気と闘っています。
11月から抗がん剤治療に入ります。
今月手術をしたばかりですが悩んだ上で
そうすることに決めました。
とりあえず! 前に進んでみようと思います。

ルーク君…
四十九日まではお家で旅立つ準備をしていますよ!
迷うことなく虹の橋へいけるように
ママさんもこの四十九日間はいっぱいルーク君とお話してくださいね!

名前:Club Thomasの母 | 2013.10.24(木) 18:08 | URL | [Edit]

 

切り取り完治するものでないなら、
シニア期の犬の内蔵摘出や抗がん剤は愛犬の命縮めるだけです。
色々調べましたが、ルークさんは奇跡的だと思います。
無論ルークママさんがルークさんの体調に合わせ、
無理なくされたり、獣医さんも抗がん剤量や投与方法を適切にされたからでしょうが、
大概は癌より、
手術や抗がん剤に殺されます。
私は抗がん剤注射しなければ、
1~2年は生きられたであろう愛犬を亡くしました。
大型犬の12歳でした。
小型で言えば15~6歳でしょうか。
不要な麻酔CTをし、直後リンパ腫と言われ、
奇跡的なメリットばかりを言い、デメリットは言わなかった獣医の言葉にパニクった私は助けて下さいと言ってしまった。
麻酔後吐き、数日間後に抗がん剤注射。
不要な心臓や甲状腺の薬漬け。
アレルギーだからとご飯持参していても、夜から翌々日迄の間に療法食9缶請求。抗がん剤前の血液検査はせず、
無駄な事ばかり。
脾臓迄摘出したいと。
抗がん剤打たれ、
二週間苦しみ亡くなりました。
抗がん剤打たれる当日迄鼻水の乾いたのが鼻についてた以外は、元気いっぱい食欲旺盛、良いウン○をしていた愛犬。
設備あり患畜多いからと…あんな病院にさえ行かなければ、あんな犬殺し獣医にかからなければ。
愛犬が可哀想で不憫で、後悔と懺悔しかありません。
お金だけとって抗がん剤さえ注射しないでいてくれていたら…
せめて麻酔後の老犬に合わせ量を加減したり、
単体で注射してくれていたら‥
一週間でも体調戻る日をくれていたら…
いや、一晩でも考える時間があれば…
無論流されたのはバ飼い主の私ですが。
私は二度と抗がん剤と内蔵摘出はしません(内蔵摘出はうちはしませんでしたが、調べたとこ、癌で脾臓摘出等しても数ヶ月で亡くなる犬ばかり)

麻酔検査もシニアになればしないと誓いました。

今回、細胞検診、
血液検査、レントゲン等で良かったんです。
CTは不要だった。

二度と獣医は信用しません

名前:かな | 2013.11.01(金) 03:33 | URL | [Edit]

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: | 2016.02.10(水) 19:12 | | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ルークとの日々, all rights reserved.

ルークママ

Author:ルークママ
名前 ルーク♂ 年齢 11歳
2011.8.31より抗がん剤治療を開始
びびりっ子で甘えん坊のルーク
ママがそばにいないと大泣きです(汗)
ルーはママの永遠の恋人よ(*ノзノ*)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

11歳おめでとう♪ (2)
10歳おめでとう♪ (3)
9歳おめでとう♪ (4)
がん告知 (2)
日々のこと (257)
抗がん剤治療 (39)
抗がん剤治療(再燃後) (63)
再燃(再発) (2)
甲状腺機能低下症 (5)
愛情ご飯 (15)
愛情おやつ (9)
動画 (30)
お空へ (11)
想い出 (5)
ママのダイエット (0)
東京スカイツリー (0)
活性化リンパ球療法(まりもちゃん) (1)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

036_convert_20111117173752.jpg

script*KT*

このブログをリンクに追加する


-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。